1. ホーム
  2. メンバーズについて
  3. ニュースリリース(2018年)
  4. メンバーズ、働き方改革を推進
    3年間で月平均残業時間を42.0%削減し、上半期売上収益は過去最高を達成

メンバーズ、働き方改革を推進
3年間で月平均残業時間を42.0%削減し、上半期売上収益は過去最高を達成

2018年11月14日
東京都中央区晴海一丁目 8 番 10 号
株式会社メンバーズ
代表取締役社長 剣持 忠
(証券コード:2130 東証第一部)

株式会社メンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:剣持 忠、以下「メンバーズ」)は、2016年4月から「みんなのキャリアと働き方改革」(※1)をスタートし、社員のキャリア支援と働き方改革を推進しています。残業時間や女性管理職比率、男性社員の両立支援制度(育児休業、時短・在宅勤務)の利用率などを重要指標として設定しており、2018年度上半期の進捗状況をまとめましたのでお知らせいたします。
また、2019年3月期第2四半期の連結業績におきましては、企業のデジタルマーケティング領域への投資拡大と、主力のEMCモデル(※2)提供顧客数の増加、当社既存顧客との取引の堅調な推移、グループ会社の順調な拡大を背景に、売上収益、親会社の所有者に帰属する四半期利益ともに過去最高を更新しました。

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
上半期
2019年度
目標数値
残業時間(月平均) 28.1時間 21.9時間 17.4時間 15.3時間 15時間以内
女性管理職比率(各年度10月時点) 14.9% 18.9% 30.0% 24.1% 30%以上
社員意識調査における女性社員の友人への入社推奨意向(※3) 41.7%
(2015年10月調査)
49.7%
(2016年10月調査)
42.4%
(2017年12月調査)
51.4%
(2018年8月調査)
60%以上
対象男性社員の両立支援制度(育児休業、時短・在宅勤務)の利用率 30.8% 47.8% 39.1%
(2018年9月末時点)
50%以上

背景

デジタルマーケティング市場の急速な拡大に伴い、インターネット専門職の人材不足が深刻化しており、優秀な人材の確保が企業経営の大きな課題となっています。
メンバーズでは長期的に社員と共に健全に成長・発展していくために、優秀な人材の確保・育成や健康に働ける職場づくり、ワークライフバランスへの取り組みなどを、持続的な成長戦略の最重要テーマの一つとして取り組んでまいりました。2016年4月からは、3ヵ年プロジェクト「みんなのキャリアと働き方改革」をスタートし、①多様なキャリア・働き方をサポート・促進する、②長期を見通しやすい報酬制度・給与モデルを作る、という方針の下に残業時間50%削減、年収20%アップ(月額固定給25%ベースアップ)、女性管理職比率30%を目標に掲げています。月額固定給の段階的な引き上げを実現するため、平均残業時間50%削減などを目標に掲げた生産性向上の取り組みを推進してまいりました。

主な取り組み

残業時間削減

2018年度上半期においては月平均残業時間が15.3時間(前年同期比4.4%削減)と、3年間で42.0%の削減となり、2019年度の目標達成に向けて順調に推移しております。

月平均残業時間

取り組み内容

当社代表の剣持を責任者とした「時短推進委員会」が主導となり、下記取り組みを積極的に推進しております。

  • 業務体制を見直し、チーム内でのバックアップ体制を構築
  • 管理職の長時間労働是正に向けたマネジメント力強化のための説明会を実施
  • 全部署において、残業削減推進に向けた社員の意識・行動改革を行うワークショップを実施
  • 部署ごとの残業時間実績のモニタリング、公開、フォローアップを実施
  • 経営層から顧客企業に対する残業削減施策に対する理解促進
  • No残業Dayの実施の徹底

女性活躍推進計画「Womembers Program(ウィメンバーズ・プログラム)」

「みんなのキャリアと働き方改革」の一環として、社員のさまざまなライフステージに応じた働きやすい環境づくりと、意欲ある女性社員が、能力を最大限発揮できる環境づくりを推進するために「女性社員の長期的なキャリア形成の支援強化」「ワークライフバランスの実現」「多様なワークスタイルの確立」の3つをテーマに、社員の活躍機会の拡充を目指しています。
Womembers Program推進の結果、女性管理職比率が向上し、2017年10月には30%を達成、2018年10月には24.1%となりました。従来より当社では性別・年齢に関係なく、管理職を登用しており、今後も引き続き社員が能力を最大限発揮できる環境づくりを推進いたします。

取り組み内容

  • 在宅勤務制度の拡充(産休からの復帰時に利用可能な「一部在宅勤務制度」、育児・介護期間中の病気やけがなどの緊急時に利用可能な「スポット在宅勤務制度」等)
  • ベビーシッター利用・延長保育などの経費サポート制度
  • 看護休暇制度(小学校就学前の子供がいる社員は、有給休暇とは別に子供1人の場合、看護休暇を年間最大5日間、2人以上の場合10日間まで有給で取得可能)
  • 女性社員のリーダー(管理職候補)への積極的な登用
  • 時短勤務中の管理職社員が参加できるよう、管理職向け会議の実施開始時間を8:30から10:00に変更
  • 託児所付きリーダー研修、社員総会を実施
  • ロールモデルとなる女性社員・管理職の働き方について社内外へ情報発信
  • 育児中の社員を中心に、情報交換・交流を目的とした座談会実施
  • 半期に1度、「Womembers賞」表彰を実施(「女性社員の長期的なキャリア形成の支援強化」「ワークライフバランスの実現」「多様なワークスタイルの確立」などにおいて模範となる取り組みを表彰)
  • 時間単位有給休暇制度の導入(1時間単位での有給休暇利用が可能)

※1 みんなのキャリアと働き方改革 https://recruit.members.co.jp/workstyle/
※2 EMC(エンゲージメント・マーケティング・センター)モデルとは、高スキルかつ多種・多様なWebサイト運用人材を顧客毎に専任チーム化し、デジタル時代のユーザー体験を継続的に改善し、様々なビジネス成果の創出を強力に支援するサービスです。運用を通じたマーケティング成果の向上を強みとして、UXデザインに基づく仮説立案、複数のデジタルチャネルに対する最適なコミュニケーション設計や、仮説検証・PDCA活動を通じて、売上向上やコミュニティの活性化などの顧客のビジネス成果を実現します。
※3 社員意識調査における女性社員の友人への入社推奨意向の指標とは、年2回行う社員意識調査の調査項目「私はもし機会があれば、友人にメンバーズで働くことを勧めたいと思う。」に対して「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」と回答した女性社員の割合です。Womembers Program推進による女性社員の満足度を測る目的で調査しています。

株式会社メンバーズ

所在地 東京都中央区晴海一丁目8番10号
晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX 37階
代表者 代表取締役社長 剣持 忠
資本金 873百万円(2018年9月末時点)
Facebook
URL
Twitter

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社メンバーズ
HRエンゲージメント室 岡田
TEL 03-5144-0660 / mail: press@members.co.jp

get_adobe_readerPDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードしてください。