1. ホーム
  2.  
  3. メンバーズについて
  4.  
  5. ニュースリリース(2013年)
  6. メンバーズ、Facebook、Twitter、Google+、LINE等企業のソーシャルメディア公式アカウントの一括運用代行を行う「エンゲージメント・マーケティング・センター」のサービス提供を開始

メンバーズ、Facebook、Twitter、Google+、LINE等企業のソーシャルメディア公式アカウントの一括運用代行を行う「エンゲージメント・マーケティング・センター」のサービス提供を開始

2013年10月16日
東京都中央区晴海一丁目 8 番 10 号
株式会社メンバーズ
代表取締役社長 剣持 忠
(コード番号:2130)

株式会社メンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:剣持 忠、以下「メンバーズ」)は、企業と生活者とのエンゲージメントの創出と最大化を支援するために、企業が運用する複数のソーシャルメディア公式アカウントの一括運用代行を行う「エンゲージメント・マーケティング・センター」のサービス提供を開始いたしますのでお知らせいたします。

「エンゲージメント・マーケティング・センター」サービス開始の背景

日本国内でのFacebookの月間アクティブユーザー数は2,100万人、LINEの登録者数は4,500万人を超えるなどソーシャルメディアの普及に伴い、企業のマーケティング活動にソーシャルメディアを活用することの重要性が高まっています。
企業のソーシャルメディア公式アカウントは、企業の情報発信拠点としての役割だけではなく、生活者との対話を行う重要なコミュニケーションの場であり、情報発信や生活者との対話を通して、生活者との接点を創出し、ファンと企業との緊密度合いを意味するエンゲージメントの強化を図ることが企業のマーケティング活動にとって重要な施策となっています。
その一方で、「社内連携がうまくいかず業務効率が悪い」「複数存在するソーシャルメディアアカウントの運用品質が管理しきれていない」「横断的な効果測定ができていない」など、多くの企業がソーシャルメディアの公式アカウント運用業務に課題を抱えています。

エンゲージメント・マーケティングとは

メンバーズは、ソーシャルメディアを活用した企業のマーケティング活動のあるべき姿を “企業や商品の理念を伝えることにより、その理念に共鳴して自発的に活動する人々を巻き込み、より大きな社会的価値を共創する活動”として、「エンゲージメント・マーケティング」と定義しております。
このたび、メンバーズでは、企業と生活者がお互いの理解をより深め、共感することで、より大きな社会的価値を創出し、共により良い世界を創り出していく社会の実現を目指し、企業のソーシャルメディア公式アカウントを一括運用することで企業と生活者のエンゲージメントを強化する「エンゲージメント・マーケティング・センター」のサービス提供を開始することとなりました。

「エンゲージメント・マーケティング・センター」のサービス概要

メンバーズの「エンゲージメント・マーケティング・センター」は、エンゲージメント・マーケティングを推進することを目的として、企業が保有する複数のソーシャルメディア公式アカウントを一括で運用し、企業と生活者のエンゲージメントを継続的に向上させるサービスです。

エンゲージメント・マーケティング・センターロゴ

サービスの特長

  1. 企業ブランドとソーシャルメディア活用の目的を十分に理解した「エンゲージメントマネージャー」が企業のエンゲージメントの最大化に責任を持ち、ソーシャルメディアの活用成果を出すためのPDCAサイクルを実現します。
  2. 各ソーシャルメディアを熟知した専門スタッフが、ソーシャルメディア毎の特性に合わせてエンゲージメントを強化・向上するノウハウを提供します。
  3. メンバーズの地方拠点との連携により大規模な運用体制を構築し、企業のソーシャルメディア公式アカウント運用を一括して支援することで、企業内でのノウハウ・成功事例の共有や運用業務の一括化によるコスト削減を実現します。

具体的なサービス内容

  • Facebook、Twitter、LINE、Google+、Youtubeなど、主要なソーシャルメディアが運用対象
  • 公式アカウントから発信するコンテンツ(投稿や動画)の企画、制作、投稿オペレーション代行
  • TwitterアカウントやFacebookページのコメント欄でのユーザーコミュニケーション代行および監視
  • エンゲージメントを最大化するための各ソーシャルメディア運用を一括した効果検証レポーティング
  • 海外向けの公式アカウントの開設や運用代行

企業による導入イメージの一例

企業広報ならびに複数の商品ブランド毎のソーシャルメディア公式アカウントが存在し、それぞれの担当毎に各ソーシャルメディア公式アカウントを運用している企業が「エンゲージメント・マーケティング・センター」のサービスを導入した場合の事例です。ソーシャルメディアの公式アカウントを一括運用することで、エンゲージメント最大化とコスト削減を実現します。

企業による導入イメージ

導入費用、期間等

顧客企業の要望に合わせ相談の上、決定いたします。

  • ※Facebook はFacebook Inc. の商標です。
  • ※Twitterは、Twitter,Incの商標または登録商標です。
  • ※Google+及びYoutubeは、Google,Incの商標または登録商標です。
  • ※LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。
  • ※その他製品名は、各社の商標または登録商標です。

株式会社メンバーズ(証券コード:2130)

所在地 東京都中央区晴海一丁目8番10号
晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX 37階
代表者 代表取締役 剣持 忠
資本金 7億7,329万円
Facebook
URL
Twitter

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社メンバーズ 経営企画室
広報担当 岡田
TEL 03-5144-0660 / mail: press@members.co.jp

get_adobe_readerPDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードしてください。