members

members

三井住友カードさま

デジタルマーケティング運営支援(EMC)、CSV活動支援

プロジェクト促進のきっかけは、自社の提供価値、Have a good Cashless.の推進意義を考えるワークショップ

三井住友カードさまでは、WEB明細を推進することで、「三井住友カードの森」を作り、森を育む活動※を行っています。メンバーズでは、本プロジェクトの企画・推進支援や協働パートナーであるmore treesさまとのコーディネートを行いました。今回は、三井住友カードさま、more treesさまに、プロジェクトの概要や今後の展望をお伺いしました。

インタビュー左から
一般社団法人more trees
https://www.more-trees.org/
事務局長 水谷 伸吉氏

三井住友カード株式会社
https://www.smbc-card.com/
マーケティング本部 マーケティング統括部
近藤 ひなた氏

株式会社メンバーズ
EF室 CSVデザイン
我有 才怜

ワークショップによって、WEB明細がもたらす価値を深堀し、メンバーで共有出来た

メンバーズ:全社的なデジタル化、とくにWEB明細の推進をスタートしています。社内ではどのような議論がありましたか?

三井住友カード:メンバーズさんにmore treesさんをご紹介いただき検討を進めたのは、2019年秋でしたが、プロジェクト自体は、その1年前からスタートしていました。全社的なプロジェクトチームを立ち上げ、WEB明細に限らず、あらゆる面でのデジタル化推進の検討から始まりました。その中でピックアップされたのが、毎月お客さまにお送りしている紙の明細書でした。

WEB明細の推進にあたり、あらためて「なぜ、明細書のデジタル化を進めるのか?」「お客さまのためになることは何か?」をテーマに、関連する部署の担当者でディスカッションを行いました。そこでは「デジタル化によって、お客さまとの接点が増え、スピーディにかつリアルタイムにお客さまとコミュニケーションが取れるようになる」「紙の使用量が減るとCO2の削減、そして温暖化防止につながり、結果的に異常気象や災害が減少する」などといった意見が出ました。ディスカッションを通して、WEB明細を推進する本質を深堀し、メンバー間で共有できました。

WEB明細は使用する紙を削減するため、森を守ることにつながります。単に森林資源の使用を削減するだけでなく、一歩踏み込んだ環境保全を実現するため、今回のプロジェクトではmore treesさんとのパートナーシップにより森林保全活動を組み込んでプロジェクトを進めました。

近藤氏

メンバーズ:紙の明細を受け取るお客さまの視点を考慮し取り組んでいますね。メンバーズでは3年前から貴社の社員200名以上を対象に、キャッシュレスを社会に拡げる意味や、カード会社としての存在意義や提供価値を考えるワークショップ開催の支援させていただいています。今回のプロジェクトを進めるにあたって、社内での理解はいかがでしたか?

三井住友カード:ご支援いただいているワークショップを通して、なぜHave a good Cashless.を広めているのかを社内で考える機会が増えたと思います。私も1度参加させていただきましたが、ワークショップで出てきた意見は、お客さまにもっと身軽に生活をしていただきたい、キャッシュレスで助かったという体験をしていただきたいなどでした。世の中をもっと良くしたい、生活を豊かにしたい、安心、安全、便利といったキーワードや想いが多くでてきたので、弊社の存在意義について社員の意識が共通していることを感じることが出来ましたし、それらを言語化する機会をもてたことで、社員の意識により根付かせることが出来たと感じます。

そういった意識がデジタル化推進においても、「なぜデジタル化を推進するのか」「WEB明細の推進が、Have a good Cashless.の具現化にどう繋がるか」といった議論を生むきっかけになったと思います。社会にとって弊社が存在する理由を考え、プロジェクトを推進出来たのは、ワークショップの存在が大きかったと思います。

メンバーズ:そうした社内での議論があったからこそ、WEB明細を進めることは紙を削減することに加えて、森を守ることは地球温暖化の一因であるCO2の削減につながっていることを、WEBサイトでも表現できたのかと思います。

三井住友カード:現在、「for good」というブランドサイトを立ち上げ、goodな世の中をどう実現していくのかを発信していますが、Have a good Cashless.を言語化できたことはとても良かったと思っています。

地域の自治体と企業とNGO・NPOで行った三位一体の取り組みは意義深い

メンバーズ:メンバーズでは、社会課題解決型のプロモーション等を考える時に、NGO・NPOの方々と一緒に取り組むことが増えています。今回は、more treesさんにお声掛けさせていただきました。more treesさんにとって、企業とのコラボレーションの意義を教えていただけますか?

more trees:企業の社会課題解決への関心は高まっています。その要因の1つに、SDGsが挙げられます。17の目標の中で、私たちは「目標15:陸の豊かさも守ろう」がメインの取り組みとなります。しかし、様々な社会課題がある中で、行政だけ、企業だけ、NGOやNPOだけでは課題解決できません。また、個人的には、SDGsの「目標17:パートナーシップで目標を達成しよう」が最も重要であると感じています。
今回のプロジェクトは、NGO・NPO、企業、地域の自治体のそれぞれでは成し遂げられないことをパートナーシップで、まさに三位一体となって取り組めたことは、意義深いことと感じています。

水谷氏

メンバーズ:さらに、今回はカード会社のお客さまも巻き込む取り組みとなっています。

more trees:私たちの活動を支援していただいたり、森林保全に関心を持っていたりするのは一部の方々です。今回のプロジェクトにより、多くの三井住友カードさんのお客さまに、森林保全や生態系の重要性を知っていただけることはとても重要な事だと思っています。

三井住友カード:これからは、もっと森林保全の取り組み内容や、お客さまのご協力あってこそ森を守る活動ができていることを、きちんとお客さまに伝えていきたいと思っています。

プロジェクトを通して、社内の環境への意識や関心も着実に醸成

メンバーズ:今後、紙の明細書はFSC認証紙に切替えを検討していますね。

三井住友カード:more treesさんとの情報交換の中で、国内外の森林の実態や課題を知ることが出来ました。そうした中で、森を資源としてきちんと活用することの重要性を学び、近々、明細書にFSC認証紙の導入を検討しています。すでに、社内で使用する紙は、FSC認証紙を導入しています。
また、社外への発信に加えて、社内でもこの取り組みが浸透する様に、社内報での告知等、積極的に活動を進めています。

近々、新しいカードの提供を予定していますが、梱包材はFSC認証紙にしようという声が社内から挙がりました。今回のプロジェクトを通して、社内の環境への意識や関心も徐々に醸成出来ていると感じています。

more trees:私たちも多くの企業さんとお付き合いがありますが、社外への情報発信は力を入れていても、社内への認知が手薄になっているケースも多いようです。インナーブランディングも非常に重要です。

三井住友カード:社会を良くしたい、自然環境を守りたいといった意識は、社内でも拡がっていると思います。森を守るために行動に移すことが、パートナーシップにより実現できたのはとてもありがたいと思っています。

メンバーズ:今回の取り組みが入口となって、社内外の多くの方々が課題を知り、紙の明細書とCO2や森との関係性を考えるきっかけになればと考えています。多くのお客さまに伝えるという事では、情報の発信やクリエイティブが重要となります。メッセージの伝え方等、どの様な議論をされましたか?

三井住友カード:私自身、日常において森林を目にすることはあまりなく、支援先の森林を拝見してまず感じたことは自然の豊かさ・美しさでした。お客さまにもその自然環境をありのまま伝えることで、森の大切さを身近に感じていただきたいと考え、森林の美しさがストレートに伝わる画像をダイナミックに採用しました。

三井住友カードさま Webサイト

引用:三井住友カード Webサイト

メンバーズ:本プロジェクトでは、今後3年間、岩手県・長野県・宮崎県の地域の森を「三井住友カードの森」として、保全活動を進めていきます。今後の展望等を教えていただけますか?

more trees:先程もお伝えした通り、SDGsには、ウェディングケーキの考え方が存在しています。土台には自然資本と言われる生態系があって、その上に社会インフラがあり、さらにその上に経済圏がある三層構造になっています。豊かな生態系があってこそ、私たちの社会や生活があります。三井住友カードさまのような金融サービスの会社が自然資本に着目して、森林保全に取組むことは重要ですし、私たちにとって心強い事です。

SDGs-food-azote

引用:Azote Images for Stockholm Resilience Centre, Stockholm University

三井住友カード:「三井住友カードの森」は、現在3か所に留まっていますが、今後は支援先の森を増やしていきたと思っています。現在のコロナ禍の中でも、多くの企業が積極的に社会貢献を進めています。刻一刻と変化する状況の中で、発生した様々な課題に対して、迅速に対応することの重要性を学びました。今後は、私たちもスピード感を持って、今必要とされている事に対応できる様になりたいと思っています。コロナ禍による消費の落ち込みは、私たちの会社にも大きな影響を与えます。健康で買い物を楽しめる社会でないと、カード会社は成立することが出来ません。健全な社会を守るための、弊社ならではの取り組みを考えたいと思っています。

本日はありがとうございました。

三井住友カードさまにおけるメンバーズの支援範囲

  • プロジェクト企画・推進支援
  • 協働パートナーのコーディネート

サービスのご案内

クライアント 三井住友カード株式会社 三井住友カード株式会社
所在地 東京本社:東京都港区海岸1-2-20
URL https://www.smbc-card.com/

取材内容は2020年8月当時のものになります。