1. ホーム
  2. サービス
  3. リサーチ/コンサルティング
  4. 競合調査

競合調査

競合の各社が、どのようなWebマーケティング戦略をとっているのか?をまとめ、企業の差別化ポイントを生み出す際に活用します。なお、競合企業のWebサイト分析は、「ユーザビリティ・アクセシビリティ調査」で実施します。

ターゲットユーザが関心ある商材や企業の活動を調べます

完全・部分・潜在・・どこまでを競合としてみていますか?

競合との差別化ポイントは大きく3つ。全く新しい市場を創造するか、競争回避のセグメントを発見するか、ライバルとの認知上の差異をはかるか。しかし、競合を明確にできなければ戦略は立てられません。

完全競合他社か、ある部分だけが競合している他社か、今は競合ではないとしても、代替品として成り立つ他社か・・・さて、競合はどこですか?

ターゲットユーザは、どの企業までを比較対象としていますか?

企業側の判断だけで競合を特定すると、潜在的な部分がつかみきれないことが多々あります。ターゲットの潜在ニーズをしっかりと調べていく中で、今は競合ではありませんが、これから競合になりそうな業種・業態、企業が見えてきます。

Webマーケティング戦略を立案していく上では、目先の顧客にとらわれることなく、潜在的な部分も見据えておきたいものです。

マーケティング戦略・施策、Web活用方法などを分析します

競合のマーケティング施策を中心に分析し、戦略立案に活用

競合ポジショニングマップ

競合ポジショニングマップ

現在の競合・これから想定される企業のWebサイトのコンテンツやプロモーション内容・広告表現などを分析。差別化のヒントもしくは参考とすべきポイントの抽出、反面教師にすべきポイントなどを明確にします。

さらに、各種オープンデータを交えて分析。競合のWebマーケティング戦略を導き出し、差別化のためのポジショニングマップをつくっていきます。これは、企業のWebコンセプトを策定した場合に、現実的に使えるものにするためのツールとしても活きてきます。

ヒューリスティック(専門家の経験則に基づいた)調査を行い、
プロモーションなどの構造も調査します

Web・リアル連動型キャンペーンの構造図

Web・リアル連動型キャンペーンの構造図

競合他社のプロモーションサイトなどがあれば、まずユーザのつもりになって、実際にお問い合わせや応募などをして、仕組みやコンテンツを分析します。
どのような仕組みなのか?ビジネスゴールを達成するための具体的な施策は?などを探っていきます。

またユーザビリティ調査として、実際のユーザに使っていただきながら、適宜ヒアリング。競合の広告やWebサイトの良い点をあぶりだしていきます。こういったベンチマーク調査を丁寧に行うことで、自社の課題が見えてくることもあります。

サービスに関するお問い合わせ