members

members

CSV戦略コンサルティング・CSV型プロモーション実行支援

社会課題の解決とビジネス目標の達成を同時に実現させる「CSV(Creating Shared Value)」をご支援します。

CSR(Corporate Social Responsibility)とCSV(Creating Shared Value)

CSRとは、消費者、投資家、従業員などのステークホルダーや環境に対して企業が果たす社会的責任のことを指します。CSRはISOで定められたツールとして、企業が地球市民の一員として対応すべきであり、対応することでガバナンスの強化やリスクマネジメントへ繋がります。

一方、マイケル・ポーター教授らにより提唱されたCSVとは、社会課題を新たなビジネスの源泉として、ビジネスでその課題を解決することで新たなマーケットを創造し、継続的な利益の創出と同時に社会課題も解決する経営手法です。顧客の共感を得てあらゆる関係者を巻き込みながら共創することが成功のカギとなります。

CSR(Corporate Social Responsibility)とCSV(Creating Shared Value)

CSVアプローチで企業経営、マーケティングの在り方を変える

企業のデジタルマーケティングを支援するメンバーズではCSVアプローチを用いて、企業の経営スタイルやマーケティングの在り方を変えていくご支援を行っています。

提供サービス

  • CSV経営戦略デザイン
    企業経営を利益の追求から社会課題解決に変革するための経営戦略・ミッション/ビジョンの策定を支援します。
  • CSV実行コンサルティング
    CSV経営を実現するための事業戦略の立案、共創プランの立案、共創パートナーとしてNGO・NPOのコーディネートを支援します。
  • サービス・プロダクト開発
    社会課題解決とビジネス成長を両立させるサービスコンセプトの立案・プロダクト開発からグロースハックまでを一気通貫で支援します。
  • CSV型プロモーション
    商品の社会的価値を明らかにしながら、顧客の共感を効果的に得るためのプロモーションを支援します。

ビジネスに社会課題の解決が求められる理由

弊社が行った調査(CSVサーベイ2021年3月)の結果、生活者の約6割が地球温暖化に関心があると回答し、世帯年収別に分けて見ると年収が上がるにつれ関心度合いも高くなることが明らかになりました。また、約5割がSDGsや地球温暖化問題に取り組む企業の商品やサービスを購入したいと回答しています。

一方で、実際に購入経験があると回答したのは約2割にとどまり、「具体的にどのような商品を購入したりサービスを使えばいいかわからない」「他の類似商品より価格が高い」「どういった企業が取り組みをしているかよくわからない」などの理由から購買に至っていません。企業の経営戦略やマーケティング施策によって、これらの踏みとどまりは解消されると考えられ、ビジネス成果向上が期待できます。

メンバーズがCSVアプローチに取り組む理由

メンバーズは「“MEMBERSHIP”で、心豊かな社会を創る」をミッションに掲げ、社会課題解決の取り組みや、それを効果的に訴求するための戦略立案・実施をご支援しています。
そして、企業と人々のエンゲージメントを高め、ビジネス成果の向上につながる事例を多数創出することで、ビジネスの在り方を持続可能な社会につながるものへ転換したいと考えています。

メンバーズのミッション・VISION2030

戦略立案におけるアプローチ(1):SDGsとビジネスのフレームワークを用いた、目指すべき姿の創造

マーケティングの「4P」・SDGsに重要な5要素「5P」・「パーパス(企業の存在意義)」を組み合わせた独自のフレームワークを用いて、 ビジネスの成長と社会課題解決にむけて目指すべき姿を見出し、その実現をご支援します。

このフレームワークは、SDGsの第一人者である水野雅弘氏と弊社・原裕の共著「SDGsが生み出す未来のビジネス」内でもご紹介しています。

メンバーズ独自のフレームワーク

戦略立案におけるアプローチ(2) :デンマークのデザイン会社Bespoke社のメソッド「Futures Design」を用いた、ビジネス機会の探索・実現

弊社のパートナーである、デンマークのデザイン会社Bespoke社のメソッド「Futures Design」を企画立案プロセスに取り入れて、ビジネス機会の可能性の探索・実現を支援します。

社会や生活者の未来洞察と、企業のWHY(存在意義、我々は何者か)を考えるセッションを通じて、「あるべき姿」ではなく、「ありたい姿」を想像し、バックキャスティングで実行アイデアを創出するプログラムです。
※日本企業向けにカスタマイズした「共創デザインワークショップ(Value Story Workshop)」は10社500人以上に対して実施。2020年4月以降はプログラムをオンライン化。

ワークショップの様子1
ワークショップの様子2

サービス提供事例

【デジタルマーケティング運営支援(EMC)、CSV活動支援】三井住友カードさま

【デジタルマーケティング運営支援(EMC)、CSV活動支援】
三井住友カードさま

プロジェクト促進のきっかけは、自社の提供価値、Have a good Cashless.の推進意義を考えるワークショップ 三井住友カードさまの事例詳細へ
【社会課題解決型コンテンツ・CSV事例】株式会社ベネッセコーポレーションさま

【社会課題解決型コンテンツ・CSV事例】
株式会社ベネッセコーポレーションさま

一斉休園・休校をうけて、リモート環境のなか最短1週間で無償オンラインコンテンツ「オンライン幼稚園・オンライン教室“きょうの時間割”」などを公開し、自宅で待機する子どもたちの支援を実施。 ベネッセコーポレーションさまの事例詳細へ
【SNS広告支援・CSV事例共創】パナソニック株式会社さま

【SNS広告支援・CSV事例共創】
パナソニックさま

今回のプロジェクトにより、自社とお客さま視点とのギャップに気付くことができた パナソニックさまの事例詳細へ
メンバーズのCSV活動

メンバーズのCSV活動

クライアント企業へのご支援だけでなく、自社内でもSocial Good Action(SGA)=社会に対して良いインパクトをもたらす取り組みを2030年までに100個実現させるべく、SGA+100プロジェクトを実施しています。 Social Good Action +100プロジェクト

関連情報

CSV支援コラム

CSV支援コラム

日本企業のCSV経営、CSV戦略、戦略的CSR、企業経営に必要な、社会的課題、社会的責任、ビジネスモデル、イノベーション戦略、経済的価値、企業価値、経営者や組織のあり方などの情報をご紹介しています。 CSV支援コラムへ
サービスに関するお問い合わせ