members

members

SDGsの達成に向けて

持続可能な開発目標(SDGs)

メンバーズは、持続可能な成長を実現するための世界的な取り組みである「国連グローバル・コンパクト(以下「UNGC」)」に参加し、2016年6月9日に日本におけるローカルネットワーク「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(以下「GCNJ」)」に入会いたしました。
また、UNGCは、昨年国連で採択された「持続可能な開発目標(以下「SDGs」)」の達成に向けて活動を推進しており、メンバーズもUNGCへの賛同、実行にとどまらずSDGsの達成に向けて積極的に取り組んでいきます。

背景および目的

メンバーズでは、企業のオウンドメディア、ソーシャルメディアの活用支援をリードし、企業と人々のエンゲージメントを最も多く創出するネットビジネスパートナーとしての、ミッション「“MEMBERSHIP”でマーケティングを変え、心豊かな社会を創る」の実現を目指しています。
このたびメンバーズでは「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」への参加を表明し、「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)」へ入会し、今後は企業活動全体を通じてUNGCが掲げる「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の4分野・10原則を尊重した取り組みを行ってまいります。加えて、「持続可能な開発目標(SDGs」)」の達成にも貢献する取り組みを積極的に行い、当社のミッション実現と企業価値の向上を図り、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長の実現に貢献していきたいと考えております。

国連グローバル・コンパクトおよびSDGsに関する取り組み

国連グローバル・コンパクトの10原則およびSDGsに関する実践状況と成果についてのメンバーズの定期活動報告です。

「持続可能な開発目標(SDGs)」への具体的な取り組み

メンバーズでは企業活動全体やステークホルダーとの取引・関わり合いにおいて、コーポレート・ガバナンスやコンプライアンス、情報セキュリティへ取り組んでいる他、ミッション・ビジョンの実現に向けた取り組みにおいては、SDGsの17の目標のうち、特に下記4つの目標に注力し取り組みを行っております。

「持続可能な開発目標(SDGs)」への具体的な取り組み

目標 4. すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

質の高い教育をみんなに

スキル・育成制度の充実

・Co-Creation Digital Lab.(旧:Members University)
社外・学生も参加可能なオープンイベントを実施しています。多様性・自主性のある学びの場となっており、社員自ら講座を企画・運営も可能となっています。

・社長塾
代表の剣持自らが塾長となり、ベンチャースピリット・経営マインドを養う、次世代経営者・リーダー育成のための取り組みです。

・ラボ活動
業務時間の10%を使用できる組織横断型の専門チームを設置し、専門スキル育成と社員の交流を促進しております。

インターネット人材の育成

・スキルフェロー(技術顧問)制度
デジタルクリエイター必須スキルを業界第一線の人材から学ぶスキルフェロー(技術顧問)制度を導入しています。

目標 5. ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児のエンパワーメントを図る

ジェンダー平等を実現しよう

女性社員の長期的なキャリア形成を支援

・Womembers Program(ウィメンバーズ・プログラム)(※1)
意欲ある女性社員が、能力を最大限発揮できる環境づくりを推進するため女性社員向けのキャリア研修やなど各種施策を実施し、女性管理職比率30%以上の目標を達成しました。(参考:2016年3月期実績16%)

・育児・介護に関する支援制度
出産・育児・介護などの社員のライフステージに応じた、多様なワークスタイルの確立を目指し、在宅勤務や時短勤務など、各種支援制度を策定しております。

目標 8. すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

働きがいも経済成長も

ワークライフバランスの実現

・残業時間の削減
生産性向上の各種取り組みを実施し、社員全体の平均残業時間15時間以内の目標を達成しました。(参考:2016年3月期実績28.1時間)

・月額固定給のベースアップ
社員の経済的基盤の充実を図り、永く働ける環境づくりの一環として、月額固定給を段階的に引き上げ、年収27.5%アップを達成しました。(2016年3月期から在籍していた社員の2016年3月期の年収実績と2019年3月期の年収実績の比較)

地方経済の活性化

・ウェブガーデン仙台
東北復興支援を目的に開設された制作拠点で、中長期的な雇用創出による地域経済への貢献を目指しております。

・ウェブガーデン北九州
優秀な人材確保、雇用創出による地域経済への貢献を目的として開設された制作拠点です。

・ウェブガーデン神戸
関西圏における人材確保、更なるサービス向上と事業拡大、雇用機会創出による地域経済の活性化を目的に開設された拠点です。

目標 12. 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

つくる責任つかう責任

ネットビジネスパートナーとしての使命

・デジタルマーケティング支援
企業と人々が直接つながるオウンドメディアやソーシャルメディアにおいて、共通価値を軸として深く長期的に企業と人々がコミュニケーションを築くことを支援し、企業と人々が協力して持続可能な消費と生産のパターンを実現していくことに貢献します。

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

ネットビジネスパートナーとしてのメンバーズの使命は、共通価値を軸として深く長期的に企業と人々がコミュニケーションを築くことを支援し、本業のWebを通して持続可能な消費と生産のパターンを実現することにあると考えております。

実践例
みずほ銀行さま:「社会課題解決」訴求のアプローチにより、メルマガ経由でのワンタイムパスワード申込数を以前の約13倍に
https://www.members.co.jp/company/news/2019/0325.html
トレンドマイクロさま:「社会課題解決型コンテンツ」アプローチでより高いマーケティング成果を実証
https://www.members.co.jp/company/news/2018/0226.html

メンバーズ主催「大学生CSVビジネスアイデアコンテスト」開催

社会的課題解決とビジネス目的達成の両立(モデル)を実現できる優秀なアイデアを表彰する大学生ビジネスアイデアコンテストを開催しています。

「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」とは

国連グローバル・コンパクト(UNGC)は、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することにより、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取り組みです。
1999年の世界経済フォーラム(ダボス会議)の席上でコフィー・アナン国連事務総長(当時)が提唱し、潘基文現国連事務総長も明確な支持を表明しております。現在(2015年7月時点)では世界約160カ国で1万3000を超える団体(そのうち企業が約8,300)が署名し、「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の4分野・10原則を軸に活動を展開しています。
参考: https://www.unglobalcompact.org/

「持続可能な開発目標(SDGs)」とは

「持続可能な開発目標(SDGs)」

2015年のニューヨーク国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。このアジェンダにおいて、人間、地球及び繁栄のための行動計画として掲げられた17の目標および169のターゲットが「持続可能な開発目標(SDGs)」です。
参考:http://www.unic.or.jp/

※1 Womembers Program(ウィメンバーズ・プログラム)

get_adobe_reader PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードしてください。
当社へのお問い合わせ