1. ホーム
  2. Story モバイルソリューション
Story モバイルソリューション

STORYモバイルソリューション

24時間365日。消費者に新しい世界と体験を届け続けていきます。

消費者がさまざまなシーンで、気軽にインターネットに触れられるようになったこの時代。企業にとって、今までとはまったく異なった形で、消費者との新しいタッチポイントを生み出すチャンスなのです。

デスクを飛び出した、Webがつくる新しい関係

デスクを飛び出した、Webがつくる新しい関係

近年、スマートフォンやタブレットなどの人気によって、モバイルサイトの役割が大きく変わろうとしています。
電車の待ち時間に最新ニュースをチェックしたり、位置情報から目的地までの最短ルートを探したり。スイーツを撮影してSNSで友だちに共有するなど、活用方法はさまざまです。

新しいコミュニケーションツールとして、自由に持ち運べるモバイルデバイスの普及により、消費者のライフスタイルそのものが変わりました。

消費者の「いつでもアクション!」を叶えるために

消費者の「いつでもアクション!」を叶えるために

消費者の行動とともに、24時間、365日いつでもどこでもアクセスできるモバイルデバイスが、消費者と企業との繋がりをより多く創りだしています。

消費者の「いま知りたい!使いたい!」という欲求に、さまざまな情報提供のかたちで応えることによって、これまでになかった企業と消費者との新しい接点が生まれます。これは、私たちが目指す「企業と人々のエンゲージメントを最も多く創出する」ことの実現に不可欠であり、企業と消費者との距離を近づけることに限りなく近い挑戦なのです。

企業と消費者の「タッチポイント」を生みだす

企業と消費者の「タッチポイント」を生みだす

モバイルデバイスの普及は、PCサイトとは異なった新しいコミュニケーションツールとして、企業からも消費者からも期待されています。また、消費者のネット活用の多様な変化に、いかにして企業が寄り添っていくかが重要な課題になっています。

私たちは、企業と消費者が多くの「タッチポイント」を生み出し、ユーザーエクスペリエンス価値を向上させるため、新しい体験や共感を実現することで、企業と消費者との距離をより近づけていきます。

消費者の行動そのものを考えて伝えていきたい

消費者の行動そのものを考えて伝えていきたい

スマホサイトのリニューアルにあたって、重要視したことは、日本ハムとして知っていただきたい情報を消費者にメリットがある形で一緒に伝えていけるか。
こちらが伝えたいことばかりを言っても受け入れてもらえないからこそ、消費者の行動を踏まえた上で、消費者の知りたい情報と私たちが知っていただきたいこととどう合致させるかという点に意識を置いて、Webコミュニケーションを今後も考えていきたいと思っています。

Members Voice - 水澤 早紀

Members Voice

新しい世界を思いきり楽しむ

ディレクター

水澤 早紀
Saki Mizusawa

詳しく

メンバーズの考える共通価値(CSV)“超会社”

NEXT STORY

超会社

「社会への貢献」「社員の幸せ」「会社の発展」を同時に実現する企業活動を目指します。

GO TO NEXT STORY

GO TO NEXT STORY