1. ホーム
  2. サービス
  3. ソーシャルメディア活用支援
  4. ソーシャルメディアポリシー・ガイドライン策定

ソーシャルメディアポリシー・ガイドライン策定

ソーシャルメディアに参加する上で、ポリシー・ガイドライン/
マニュアルの策定は必須です。

FacebookやTwitterをはじめとしたソーシャルメディアの企業利用が活発化していますが、情報発信や対話のクオリティは”中の人”任せになっていないでしょうか?
ポリシー・ガイドラインは、コミュニケーション戦略の方向を社内で共有するために必要不可欠であり、マニュアルは属人化した運用を避け、品質を安定化させるために必要なドキュメントです。

こんな課題を抱えていませんか?

  • 特にポリシーやルールなく、FacebookやTwitterといったソーシャルメディアを利用している。
  • 社員がどのように自社の公式アカウントに接するか、行動指針やルールは特に決めていない。そのため、社員が社内情報や、自社に関係ある企業やブランドに対して勝手に書き込んでいる。
  • ユーザと対話したり、フォロー/返信をどのようにすればよいのか困る。運用者のパーソナリティに依存しがちになる。
  • 炎上した場合の対応を決めていないので、スピーディーな対応が求められても応えられない。
  • 引き継ぐ際のドキュメントもないので、担当者が長期休暇を取った場合のことは考えられてない。引き継ぐとしても都度内容・質にバラツキがある。その時間と手間もかかっている。

ガイドライン・マニュアルの導入メリット

  • コミュニケーション戦略の方向を社内で共有できる
  • 発言や対話クオリティの均一化
  • 社員のソーシャルメディア利用におけるリスクヘッジ
  • ソーシャルメディア上のコミュニケーションクオリティの均一化
  • 炎上によるブランドロイヤリティ低下の防止
  • 引き継ぎ時の手間・時間の短縮

運用支援の実績があるメンバーズだからこそ、お客さまのニーズに沿ったポリシー・ガイドラインを作成できます

細かな作業マニュアルや大手企業特有の組織をまたいだ運用ガイドラインやルール策定など、多くの運用コンサルの実績・ノウハウがあります。お客さまの運用体系やニーズに合った形のドキュメントを作成し、形骸化しない「意味のある」ドキュメント作成を行うことができます。

プロジェクトの進め方

ソーシャルメディアポリシー・ガイドラインの策定は、ソーシャルメディアの利用目的・戦略策定が既になされている前提で行います。 ソーシャルメディアの利用目的・戦略策定についてもご支援いたしますので、下記お問い合わせフォームよりご相談ください。

ドキュメント体系の考え方

ソーシャルメディアポリシー・ガイドラインという大枠の指針を策定し、その指針に沿って細かな運用ルール・フロー等を策定してマニュアルに取りまとめます。マニュアルは、運用チーム用と社員用に分かれ、運用チーム用は公式アカウントをどのように運用していくかについて、社員用はどのようにソーシャルメディアに参画していくかについて記載されます(社員がソーシャルメディアに参画しない場合は作成いたしません)。

料金

200万円~(目安)

※ソーシャルメディアの種類、アカウント数に応じてお見積りさせていただきます。

サービスに関するお問い合わせ