1. ホーム
  2. サービス
  3. ソーシャルメディア活用支援
  4. Facebookページ価値調査サービス

Facebookページ価値調査サービス

Facebookページ価値調査サービス

「Facebookページがメディアとしてどれだけの価値を生み出しているかわらない・・・」広報やマーケティング担当者さまのFacebookページ運用課題を解決するため、Facebookページの成果を計測するアンケート調査のご提案をさせていただきます。

Facebookページ運営上の新たな課題

  • Facebookページの運用を来期も続けていきたいが、運用の成果がファン数やエンゲージメント率だけでは、わかってもらえない。 結果、予算が確保しにくい状態になってしまう。
  • 投稿につく反応は定点的に計測しているが、実際の購買や興味喚起につながっているかが不明瞭である。
  • どれだけ力を入れて運用すればいいのか、相対的に評価できる術がない。
  • Facebookページがメディアとしてどれだけの価値を生み出しているか 説明しにくい。

矢印

これらの課題を解決するためFacebookページを成果を計測するための
アンケート調査のご提案をさせていただきます。

Facebookページ価値調査サービスで解決できること

  1. Facebookページの日々の運用がユーザーの態度、好感度への影響度がわかる。
  2. Facebookページの投稿が商品・サービスの興味喚起や購買促進につながっているのかがわかる。
  3. ファンの生の声やユーザー像を把握できるため、今後の運用改善につながる示唆が得られる。
  • Facebookページ運用の重要性を説くため
  • Facebookページの来期予算を確保するための資料としてご活用いただけます。

Facebook価値調査サービスの目的/概要

目的 開設してから●●ヵ月経ったお客さまのFacebookページのブランドへの貢献度、イメージの変化を定量的に把握し、Facebookの成果を計測する。

Facebookの成果計測イメージ

<調査方法>

Facebookの投稿でアンケートへのURLを貼り付けて投稿を行う。

期間は2週間を想定。
インセンティブの付与ついては、要相談。サンプル数が集まらなかった場合は、期間を延長、または広告の出稿を行う。

比較検証1 ファンになってからの期間の長さによって、好感度や態度の変化を比較
ファン歴の長さによる変化を確認できる。
比較検証2 ファンと非ファンのお客さまのFacebookページに対する好感度や態度を比較
ファンとなるユーザーのロイヤリティの高さ を確認できる。

事例:製造業 B社の事例

実施した調査 1.アンケート調査
2.既存メディアとの効果比較
調査目的 来期におけるFacebook運営の適正な費用を把握。

<主な成果>

アンケート調査
Facebookの投稿をきっかけにB社の商品に興味を持ったファンは88%、購入したいと思ったファンは76%。
→賞品の興味喚起~購入まで貢献できていたことがわかった。
Facebookページのファンになったことで、前より好きになったファンは37%。
→好感度にも貢献していることがわかった。

サービスに関するお問い合わせ