1. ホーム
  2. サービス
  3. Webサイト構築・リニューアル
  4. CMS導入 TeamSite(チームサイト)

CMS導入 TeamSite(チームサイト)

Webサイトに散在するコンテンツを「集約、編集、統合」するためには、CMS(コンテンツ管理システム)の導入は必須となっています。
メンバーズでは、大規模Webサイトのコンテンツの作成・管理を包括的に行えるCMSソリューション「TeamSite(チームサイト)」をご提案します。

TeamSite(チームサイト)テンプレート実装ノウハウと、CMS運用実績が多数あります

企業のWebサイトは「多デバイス化、ソーシャルメディアの導入、多言語対応、データ連携」など急激にWeb環境が変化しています。乗数的に増加するWebサイトに散在するコンテンツを「集約、編集、統合」するためには、CMS(コンテンツ管理システム)の導入は必須となっています。
メンバーズでは、大規模Webサイトのコンテンツの作成、ファイル・ドキュメント管理を包括的に行えるCMSソリューション「TeamSite(チームサイト)」をご提案します。
TeamSite(チームサイト)は、コンテンツサイクルに沿った全工程を支援しており、統一されたWebページの管理や展開が継続でき、企業のブランディングやCSRを重視した高品質なWebサイトの継続維持が可能です。
また、TeamSite(チームサイト)は、環境の変化に柔軟に対応し、拡張性の高い構造を持ち、初級者でもスムーズな更新作業が可能です。また、承認フローや履歴管理はWeb上から作業可能ですので、サイト管理者に特別な環境は必要ありません。
メンバーズには、TeamSite(チームサイト)のテンプレート実装ノウハウと、CMS導入後のWebサイト運用実績が多数あります。

Autonomy TeamSite

CMS導入・Webサイト運用に課題をお持ちの方へ

  • 複数ページ(ファイル、ドキュメント)の一括更新・編集を行いたい
  • 目的の異なる複数サイトの運用をしたい
  • サイト運用業務の効率化、作成・運用コストの削減をしたい
  • サイト更新時にミスが多く、サイト内の品質にバラつきがある
  • コンテンツ更新フローや連絡先が不明瞭
  • 情報発信のスピードを速めたい
  • サイトオーナーがサイト全体のステータスを把握できない
  • サイトの一元管理・共有を行い、サイト全体の品質向上を行いたい
  • 複数部署ごとやグループ会社ごとに異なっている制作フローや設定・手順を統一したい
  • サイト規模の増大に伴うコンテンツ運用業務負荷を軽減したい
  • 導入しているCMSに、柔軟性が足りない
  • CMS導入後の運用サポートが足りない
  • コーポレートガバナンスの遵守をしたい
  • グローバル対応を行いたい

TeamSite(チームサイト)の特徴

  • 利用者や負荷の増大に応じて、柔軟に性能や機能を向上させる拡張性
  • コーポレートサイトから大規模ECまであらゆるWebサイトを一元管理
  • 大規模サイトの社内外の共同作業を前提にした、ストラクチャとワークフロー管理
  • 「20YY年MM月DD日HH時MM分」に公開されていたサイト全体を呼び出せる強力な履歴管理機能
  • XMLベースのコンテンツ管理
  • HTML5やCSS3などの最新技術に、完全対応
  • スマートフォンやデジタルサイネージ、印刷などのマルチデバイス対応
  • CMSからCXM(Customer eXperience Management)へ。管理領域はWebサイトを超え、企業のコミュニケーション全体へ。
  • Webサイトのグローバルプロジェクトを強力にサポート
  • 外部サイト(Twitterやブログ、各種SNSを含む)からも利用できる柔軟なコンテンツを提供してマッシュアップ
  • 国内・海外における圧倒的な導入実績

XMLベースでコンテンツを管理する優位性 TeamSite(チームサイト)

集める 管理する 公開する

TeamSiteはXMLでコンテンツを管理しています。これによりコンテンツを「集める」「管理する」「公開する」各ステージで、大きなメリットが得られます。

「集める(aggregate)」のメリット

  1. テンプレート不要で、現在のコンテンツがそのまま、何もいじらずに管理できます。何万、何千と蓄積したこれまでのコンテンツを無駄にせずに、一気にTeamSite管理下に移行できます。
  2. 充実したテンプレートを用いて、誰でもコンテンツを制作することが可能。入力テンプレートはフォームに入力していくタイプや、完成するページの見た目そのままで、ドラッグ&ドロップで作成していくタイプを用意。HTMLやCSSの知識のない担当者でも、XMLで管理されたWebページを作成できます。
  3. Adobe Dream WeaverやMicrosoft Office、各種データベースなどの外部ソースと連携可能。XMLで管理するから、入力はどのようなアプリケーションを使用しても可能。手打ちのHTMLやビデオ、Word、Excelで作成したデータなどが管理可能。また、データベースとの連携が可能です。
  4. パーソナルターゲティング・サイトに最適。データベースとの連携により、これからのトレンドであるパーソナルターゲティングへの対応は万全。

「管理する(manage)」のメリット

  1. マネジメントがシンプルにあらゆるフォーマットのデータをXMLで管理するので、管理は至ってシンプルに。ハイエンドのワークフロー管理や履歴管理が行なえます。

「公開する(publish)」のメリット

  1. マルチデバイス対応。PCサイト、ケータイサイト、スマートフォン、デジタル・サイネージ、テレビCMや印刷物といったあらゆるデバイス、あらゆるメディアに対応します。
  2. 最新テクノロジーに完全対応。HTML5、CSS3などの最新テクノロジーに完全対応。これらXMLと親和性の高いテクノロジーは、XMLで管理するTeamSiteとの親和性も最高です。
  3. TeamSiteはCMSからCXMへ。あらゆるフォーマットのデータが管理でき、あらゆるデバイスやメディアに出力できるTeamSiteは企業のコミュニケーションのコンテンツハブへ。企業が提供する顧客体験のマネジメントを行なうCXM(Customer eXperience Management)へ、と進化しています。

TeamSite(チームサイト)価格・詳細

TeamSite(チームサイト)の詳細は、下記より、お問い合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

関連情報

Webサイト運用コラム

CMS導入を含めた、Webサイト運用に関する最新情報をご紹介しています。

詳しく見る