1. ホーム
  2. セミナー
  3. セミナー(2015年)
  4. 2015年11月27日(金)最新動画活用セミナー~動画コンテンツ起点でいかにトリプルメディア展開すべきか~

2015年11月27日(金)最新動画活用セミナー~動画コンテンツ起点でいかにトリプルメディア展開すべきか~

2015年11月27日(金)最新動画活用セミナー~動画コンテンツ起点でいかにトリプルメディア展開すべきか~

セミナー内容

生活者のメディア接触時間において、ネット(42.8%)がテレビ(32.9%)を上回り※1、特にスマートフォンでの動画視聴経験が83.5%※2と、ネットでの動画視聴が日常的な行為となってきました。そして、生活者の動画視聴時間増加とともに企業マーケティングでの動画活用事例も増え、製品・企業メッセージを伝える手段の一つとして、動画は重要な存在となりました。
しかし、動画活用が増える一方で、実際にどの様に、オウンドメディア連携させたり、YouTube活用したり、広告運用を行って良いかわからないというお声を多く耳にします。
今回のセミナーでは、動画コンテンツを、どの様にトリプルメディアでディストリビューションさせて行くか、またどの様にコンテンツを最適化させて行くかなどを実績を交えながら、ご紹介いたします。

※1:ジャストシステム「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」(2015年2月)
※2:博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第9回(2014年4月)

イベント詳細

アジェンダ

第1部

「感情」を起点とした動画マーケティングとは?

ユーザが動画を見て共感し、ソーシャルメディアでシェアする行動に至るには、100以上の要因が関与しています。その中でも最も影響力がある因子などをご説明いたします。世界最大、2兆ビューの動画データを保有し、最新のプログラマティック動画配信技術を持つ英アンルーリーが、「感情」を起点にしたコンテンツマーケティングと動画配信、動画広告KPIの考え方、バイラルする動画コンテンツの作り方と配信戦略、ビューワビリティーについてご説明いたします。

【講師】
アンルーリー日本代表取締役 香川 晴代 氏

第2部

Panasonic Japan ソーシャルメディア公式アカウント
(YouTube、Facebook、Twitter、Google+)
~動画を中心としたユーザーとのコミュニケーション~

パナソニックでは動画を核にSNSを強力に推進しています。YouTubeに公開した様々な製品紹介、CM、限定動画を商品サイトのコンテンツとして活用、公式Facebook、Twitter、G+では季節感やユーザー目線を大切に、毎日記事・動画を投稿して多くのエンゲージメントを獲得しています。数ある動画コンテンツの活用について共有させていただきます。

【講師】
パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部 コミュニケーション部 WEB課 鐵 祐子 氏

第3部

実例から学ぶSNS動画の投稿・広告の活用方法とは

日々のSNS投稿において閲覧回数が増加している動画コンテンツに関して、広告面では動画広告メニューや注意点などの初歩的な部分から、広告運用においての効果改善点、そしてSNSの投稿運用面では動画活用事例を、メンバーズの運用実績を含めご紹介致します。

【講師】
株式会社メンバーズ 小林 洋祐

※登壇者・タイトルなど変更になる場合もございます

日時・場所など

日時 2015年11月27日(金)16:00-18:00(15:30受付開始)
開催場所 虎ノ門琴平タワー 3F大会議室
東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー
交通手段 東京メトロ銀座線:「虎ノ門」駅 2番出口から徒歩1分
日比谷線・千代田線・丸の内線:「霞ヶ関」駅 A12番出口から徒歩5分
受講料 無料
定員 70名
対象

すでに動画活用を施策を実施している企業担当者さま。または、現在実施を検討されている企業担当者さま。宣伝部門、マーケティング部門、広報部門などオウンドメディア・ソーシャルメディア・の企画立案、または、PDCA運用に取り組みたい方。

※1社あたりのお申し込みは2、3名までとさせていただきます。

※代理店、登壇者の同業にあたる企業の方のご参加はお断りさせていただいております。

主催 株式会社メンバーズ

講師紹介

香川 晴代 氏

アンルーリー 日本代表取締役

2002年オーバーチュア(現ヤフージャパン)入社。リスティング広告のサービス立ち上げに関わり、広告代理店営業を経て、事業開発部門にて主要パートナー企業との戦略的関係構築に携わる。2008年にアマゾン・ジャパンに入社し、広告事業部立ち上げ、事業責任者として勤務。これまでのデジタルマーケティング・ソリューションの事業立ち上げ経験を活かして、2012年にFacebook Japanに入社、執行役員として勤務。動画マーケティングの大きな可能性に惹かれ、2015年6月から現職。

鐵 祐子 氏

パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部 コミュニケーション部 WEB課

小林 洋祐

株式会社メンバーズ

メンバーズのソーシャルメディア研究機関「エンゲージメント・ラボ」を経て、現在はFacebook、Twitter、YouTube等の投稿運用、広告運用のノウハウを活かし、大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援を担当。2014年には日本で始めてのFacebook動画自動再生広告「プレミアムビデオ広告」の出稿を担当。

お申し込み

セミナー受付は終了しました