1. ホーム
  2. セミナー
  3. セミナー(2015年)
  4. 2015年7月29日(水)グローバル・マーケティングを目的としたDMP活用セミナー~米国におけるOracle DMP(旧称:Bluekai)を活用した先進データマーケティングとは?(日本未公開情報を含む)~

2015年7月29日(水)グローバル・マーケティングを目的としたDMP活用セミナー~米国におけるOracle DMP(旧称:Bluekai)を活用した先進データマーケティングとは?(日本未公開情報を含む)~

2015年7月29日(水)グローバル・マーケティングを目的としたDMP活用セミナー~米国におけるOracle DMP(旧称:Bluekai)を活用した先進データマーケティングとは?(日本未公開情報を含む)~

セミナー内容

DMP(データマネジメントプラットフォーム)が、日本でも普及しはじめています。しかし、どのように活用すればマーケティング成果が向上するかは議論が重ねられています。本セミナーではオラクルマーケティングクラウドに含まれるDMPソリューションであるOracle DMP(旧称:Bluekai)を活用して、どのように米国でデータマーケティングが展開されているかをご紹介いたします※日本では未発表の機能を活用した情報もございます。

イベント詳細

アジェンダ

第1部

Oracle Marketing Cloudが目指すグローバルマーケティング戦略

オラクルがもつ複数のマーケティングプロダクトを活用する事により、クロスチャネルで企業のマーケティング課題を解決する事ができるようになります。その中でグローバル企業として、培ってきた経験豊富なマーケティング支援実績を元に、オラクルが今後どのような未来を描き、DMPやマーケティングオートメーション(MA)を活用したマーケティング戦略を実現する事ができるのかについてご紹介させて頂きます。

第2部

米国におけるOracle DMP(旧称:Bluekai)を活用したDMP事例/(管理画面の公開含む)

米国において、自動車・金融業を中心とした大手クライアントへの導入が進んでおり、DMPプロダクトにおけるマーケットシェアも米国内でトッププレイヤーとして位置づけられております。そのような背景の中で、日本とは異なるDMP活用の先行事例を中心にご紹介いたします。また、管理画面を活用しながら、具体的にOracle DMP(旧称:Bluekai)が保有しているデータセグメント情報等についてもお伝えさせていただきます。

第3部

パネルディスカッション:日本とアメリカにおけるDMP活用の違い
ここが聞きたいOracle DMP(旧称:Bluekai)の真相

日本でのDMP活用の現状を整理しながら、米国DMPのOracle DMP(旧称:Bluekai)を比較対象としながら、日米のDMP活用の違いについて深堀りしていきます。

※登壇者・タイトルなど変更になる場合もございます

日時・場所など

日時 2015年7月29日(水)16:00-18:00(15:30受付開始)
開催場所 虎ノ門琴平タワー 3F大会議室
東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー
交通手段 東京メトロ銀座線:「虎ノ門」駅 2番出口から徒歩1分
日比谷線・千代田線・丸の内線:「霞ヶ関」駅 A12番出口から徒歩5分
受講料 無料
定員 70名
対象

グローバルマーケティングを実施・検討している企業のマーケティングご担当者さま

※1社あたりのお申し込みは2、3名までとさせていただきます。

※代理店、登壇者の同業にあたる企業の方のご参加はお断りさせていただいております。

主催 株式会社メンバーズ

講師紹介

福田 晃仁氏

日本オラクル株式会社 クラウドアプリケーション事業統括 オラクルマーケティングクラウド本部 プリンシパルソリューションスコンサルタント

国内売上上位ECサイトの購買分析を多数担当。事業分析から戦略構築支援を行い、施策とインフラ設計まで行う、企業データ活用のためのDMPコンサルタントを経て、現在、オラクルマーケティングクラウドの日本のOracle Data Management Platform(旧称:Bluekai)を担当する。

中野 学

株式会社メンバーズ

広告プロモーション部門を中心に、マーケティングプランを立案。アクセス解析コンサルタント、先進メディア企業でのウェブ広告の運用等を経てメンバーズに入社。データを活用したマーケティング施策の立案及び、運用型広告の戦略設計に従事。出版書籍:数字を200%使いこなすWebアクセス解析&レポート作成術Google Analytics(ユニバーサルアナリティクス)+SNSアクセス解析ツール対応

お申し込み

セミナー受付は終了しました