1. ホーム
  2. セミナー
  3. セミナー(2013年)
  4. 2013年11月14日広報セミナーのパネルディスカッション「広報活動にソーシャルメディアをどう活用していくか」にメンバーズ植木が登壇いたします。

2013年11月14日広報セミナーのパネルディスカッション「広報活動にソーシャルメディアをどう活用していくか」にメンバーズ植木が登壇いたします。

セミナー内容

日本広報協会が開催する広報セミナーは、2013年11月14~15日に、神奈川県小田原市の小田原市民会館で開催します。
広報セミナーは、毎年、広報広聴担当者がより良い広報広聴活動を行うためのヒントとなるような、さまざまなカリキュラムをご用意しています。

広報セミナー 2013 in 小田原 開催概要

主催 公益社団法人日本広報協会、神奈川県
開催日 2013年11月14日(木)~15日(金)
会場 小田原市民会館 小ホール・第7会議室
神奈川県小田原市本町1-5-12
最寄駅:小田原駅(東海道新幹線、東海道本線、小田急線、箱根登山鉄道線、伊豆箱根鉄道大雄山線)

パネルディスカッション概要
広報セミナー 2013 in 小田原 2013年11月14日内

日時 2013年11月14日(木)13:05~15:05
お申し込み 日本広報協会
※本セミナーは有料セミナーです。日本広報協会の公式サイトからお申し込みください
パネルディスカッション

広報活動にソーシャルメディアをどう活用していくか
~その課題と可能性を探る~

コーディネーター
明治学院大学教授、日本広報協会広報アドバイザー 川上 和久 氏
パネリスト
内閣官房内閣広報室、株式会社メンバーズ、神奈川県厚木市、長野県小布施町

国や自治体をはじめ、多くの公的機関が、フェイスブック、ツイッター、ブログ、You Tube、SNSなどのソーシャルメディアを利用した情報発信に取り組み始めています。
これらのソーシャルメディアは、簡単に設置・開設できること、情報の共有・拡散が期待できることなど、さまざまなメリットを有している一方で、ガイドライン・運用ポリシーの欠如や、コミュニケーション機能が生かしきれていないなどの課題も抱えています。
このパネルディスカッションでは、こうした課題と可能性について、それぞれのパネリストのご経験をもとに報告・議論していただき、ソーシャルメディアをより有効な広報メディアとして活用するにはどうすればよいのかを、会場の参加者とともに考えます。

内閣官房内閣広報室
「首相官邸」では、フェイスブック、ツイッターだけでなく、LINE、YouTube、mixiのほか、スマートフォン向けのアプリも活用して、幅広い情報発信に取り組んでいます。
株式会社メンバーズ
フェイスブック「認定マーケティングデベロッパー」日本初の認定企業。民間企業のフェイスブックの立ち上げ、運用のコンサルティングを、多数実施しています。
登壇者:メンバーズ エンゲージメント・ラボ所長 植木耕太
神奈川県厚木市
地域SNS「ひとがつながる まちがふくらむ~マイタウンクラブ」を、2007年に開設。運用をサポートするボランティア組織「マイタウンサポーターズクラブ」を設置し、住民同士の情報交換の活性化を図っています。
長野県小布施町
ゆるキャラである「おぶせくりちゃん」がつぶやく、ゆるいツイッターが話題に。フェイスブックでも、ツイッターを飛び出したゆるキャラたちの活動を紹介しています。

メールでのお問い合わせ