1. ホーム
  2. 実績紹介
  3. お客さまの声
  4. 大京さま

大京さま

取引のきっかけは ひとつの“バナー”常に大京社員の目線で動いていただいています。

“新築分譲マンションといえば「ライオンズマンション」”
その認知度、購入意欲の更なる向上のために欠かせない広告やインターネット施策、そして不動産業界の事情についてお伺いしました。

インターネット戦略について

マンションは一生に一度の買い物です。このような高額な商品をインターネットだけで購入する方は恐らくいらっしゃらないでしょう。よって不動産業界におけるインターネット戦略の最終的な目的は、いかに現地へ足を運んで本物を見ていただくかということになります。そのためには、インターネットでまずは資料請求をしていただくということが大きな目的のひとつです。

インターネットは販売の初期の段階で集客を行うことが得意なツール・手法であり、正確な情報をいかに早く発信するかが重要だと考えています。集客についても、広告をただ大量に打つのではなく、遊び心のある新しい情報を求めるインターネットユーザに対し、広告によっていかに効率的に多くの方の心を動かすことができるのか、ということを常に気にしています。例えば、それほど直接的な結果は得られないのに掲載費用が高いといった、敷居の高いサイトにあえて広告を載せることによって、物件やブランドイメージを高めていくといったことも行います。また、クリエイティブもマンションの特性に応じて、その良さを引き立てるように考えていく必要もあります。少しでも広告を見た瞬間に興味を抱いていただけるよう、日々工夫しています。

当社は常に、立地や仕様、価格などが異なる一品物のユニーク商品を扱っています。インターネットは人気物を超人気物にする効果は高いのですが、普通の物の人気を出す効果はそこまで高くないと考えています。人気がある立地の物件で、値段も競合より安く、質の良い物件だったとしたら、適切なインターネット施策を行うと、より多くの効果を見込むことができます。しかし、ひとつの物件で、とある施策が成功したからといって、違う物件でも成功するとは限りません。しかもインターネットユーザであっても、インターネットだけを見て、物件の判断をする方はあまりいないでしょう。

お客さまは必ず新聞やテレビなど様々なメディアを見ています。そのため、インターネットのみの効果を計ることは難しいと思います。いつまでたっても「これだ!」といった正解が見つからない、結論が出ないというのが不動産業界ですね。

このところ、業界では特にリスティング広告の効果が高いといわれていますが、お客さまがマス広告等、他のメディアに接触した後に検索エンジンを使うため、リスティングのスコアが他以上に良くなっているように見えます。しかしながらリスティング広告だけ行っていても、良い結果は得られないのは明らかであり、リスティングに限らずインターネット全体を見ても複数のメディアとのクロスメディア手法の1つでしかありません。

大事なのは、どういったプロモーションのプランを組み立てるか、その中でインターネットに何を担わせるかです。メンバーズにはインターネット広告に留まらず、他のメディア、施策等を組み合わせご提案いただいています。インターネット特有の効果を考えながら、しかるべき最善のタイミングで施策を実行しないと、望んだ結果を得ることが出来ません。制作、プロモーション他、マーケティング分野において経験豊かなメンバーズだからこそ、施策の実行時期を見極め、成果を出すことが可能なのだと思っています。

インターネット施策におけるメンバーズ について

広告は、物件の魅力がきちんと訴求できるように、物件毎にしっかりとしたプロモーション計画と戦術を組んでから施策を実行する必要があります。メンバーズには、常に新しく成長しているインターネット施策の手法、サービスの中で効果の高いものをキャッチアップいただき、ご提案いただいています。広告の運用面でも細部に渡り、細かく手間のかかるPDCA(Plan:計画、Do:実行、Check:評価、Act:改善)を協力して行ってきました。「単純にバナー広告ばかり出していてはダメだ」といった経験も、メンバーズとの細かい検証作業があり、蓄積されてきたことです。

メンバーズとの取引のきっかけは、ひとつの小さなバナー制作をお願いしたことでした。そこから段々とお付き合いを広げ、今は、メンバーズの「大京チーム」に当社社員の視点で施策の立案・実施を行っていただいています。インターネット案件の要である「早さ」に関しても、メンバーズは常にフットワーク良く動いていただいています。

また、現在大京のブランド活動の一環として重要な鍵になる、コーポレートサイトのリニューアルを進めています。会社の顔であるHPであることは勿論、大京のトップページに来たお客さまを大京グループの各サイトに適切にご案内するための重要なサイトです。今回無事に、メンバーズにこのサイトに関する当社のコンペを勝ち抜いていただき、正式に構築をお願いすることになりました。クロスメディアの手法のひとつであるインターネット、そのなかでも大きな役割を担うWebサイトの構築を今後、メンバーズと行っていきます。インターネット広告を中心とした取引から、インターネット・マーケティング全般のコンサルティングに至るまで、メンバーズにはWebサイト構築の多様な経験を生かしながら力を発揮していただき、大京Web戦略全体のPDCA運用を共に行っていきたいと考えています。

川口さまとメンバーズ「大京チーム」
川口さまとメンバーズ「大京チーム」
(左から当社石原、近藤、川口さま、鎮目)

今後の展望

全体としては、メンバーズとのPDCA運用のノウハウの蓄積を生かし、広告ポートフォリオの作成を行っていきたいと考えています。物件、規模、立地、販売時期によって、どういった広告、施策を行えばどれくらいの効果があるのかを明確にしていきたいですね。新規物件のたびに違ってくる条件に対し、どういったプロモーションが必要であるか、参考になる雛形の確立を目指しています。

個別の施策ではマンションを購入いただいたお客さまの体験談等、生の声を投稿型サイトとしてCGM(Consumer Generated Media)のような形で展開するなど、新しいことにもトライしていきたいですね。マンションは基本的に一生に一度の買い物ですが、あまり情報が豊富とは言えません。例えば大京が不動産業界で先んじて体験談や購入フロー、手続き等を実際にお客さまに紹介し、お得になるローンの組み方など、情報を提供するといったこともしていきたいですね。

会議風景
会議風景

また、今後はモバイルにも力を入れていきます。現状、分譲マンション販売ではチラシに掲載されたQRコードを通じモバイルサイトにアクセスするなど、紙、広告に付随した、ひとつの連絡手段でしかありません。しかし、モバイル端末の検索エンジンも大分発達してきています。モバイル世代が分譲マンションを購入する年代になっていき、モバイルから検索エンジンで到達するということが増えてくると予想されます。ですから、PCをお持ちでないお客さまへのアプローチとして活用していきたいと考えています。

インターネット戦略

株式会社大京さま:ロゴ 株式会社大京
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-13 千駄ヶ谷第21大京ビル
株式会社大京さま:ロゴ

全国のライオンズマンションの総合情報サイト

お問い合わせ