1. ホーム
  2.  
  3. メンバーズについて
  4.  
  5. ニュースリリース(2010年)
  6. 「ソーシャルメディア・ガイドライン」を策定、公開

「ソーシャルメディア・ガイドライン」を策定、公開

2010年7月16日
東京都品川区西五反田五丁目2番4号
株式会社メンバーズ
代表取締役社長 剣持 忠
(コード番号:2130)

株式会社メンバーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:剣持忠、名証セントレックス上場:証券コード2130、以下「メンバーズ」)は、メンバーズのソーシャルメディアの活用方針に加え、メンバーズ従業員のソーシャルメディアへ参加する際の指針を定めた「ソーシャルメディア・ガイドライン」を策定いたしました。

ソーシャルメディア・ガイドライン策定の背景

メンバーズは、2010年4月に「第一次中期経営計画(2011/3期~2013/3期)」を策定し、その中で事業コンセプトを従来の「企業のネットマーケティングを総合的に支援するインタラクティブ・エージェンシー」から改め、「ソーシャルメディア時代をリードし、クライアントと共にビジネスを創造するネットビジネスパートナー」に転換することを表明いたしました。
メンバーズは新しい事業コンセプトに従い、新しいメンバーズやサービスをより多くの人に知っていただくため、自らソーシャルメディアに積極的に参加し、ステークホルダーとの対話を一層深めてまいります。
また、ソーシャルメディアを活用・促進するための目的等を定め、併せて基本的な振る舞いやマナーを活用方針としてまとめました。このソーシャルメディア活用方針はお客さま、パートナー企業さま、メンバーズ従業員にメンバーズのソーシャルメディアへの取り組みをご理解いただくために、「ソーシャルメディア・ガイドライン」として公開いたします。

ソーシャルメディア・ガイドライン概略

ソーシャルメディアの活用目的

  1. メンバーズ、及びメンバーズが提供するサービスをより多くの方に認知いただくこと。
  2. お客さまをはじめパートナー企業といった多くのステークホルダーの方々との交流を深め、関係を強化すること。
  3. ソーシャルメディアでの対話の中からメンバーズ、及びメンバーズが提供するサービスへのご意見をいただき、メンバーズの事業活動にフィードバックすること。

具体的な活動方針

メンバーズ・ウェイの行動指針、就業規則に従った行動を自覚し、その上で積極的にソーシャルメディアに参加する。

  • 会社名・実名を明らかにしソーシャルメディアに参加することを推奨する。
  • 間違いがあった場合には、削除せず訂正するなど誠実な対応をする。
  • 音楽・映像・画像等の制作物の著作権を尊重し、その権利を侵害しない。
  • 未公開情報、個人情報等の取り扱いに注意する。
  • メンバーズ公式アカウント担当者は、実名と所属部門をソーシャルメディア・ガイドライン上で明示し、節度ある姿勢で取り組む。

※内容を一部抜粋して記載しております。

ソーシャルメディア公式アカウント一覧

Twitter

Twitter

メンバーズTwitter公式アカウント

メンバーズ採用Twitter公式アカウント

Slideshare

Slideshare

メンバーズが保有するプレゼンテーション資料を公開しています。

Flickr

Flickr

メンバーズが保有している写真をアーカイブしています。

YouTube

YouTube

メンバーズが社内外向けに制作した動画を公開しています。

株式会社メンバーズ(コード番号:2130)

所在地 東京都品川区西五反田5-2-4 レキシントン・プラザ西五反田
代表者 代表取締役 剣持 忠
資本金 7億7,127万円<
URL http://www.members.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

get_adobe_readerPDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードしてください。