1. ホーム
  2.  
  3. メンバーズについて
  4.  
  5. ニュースリリース(2010年)
  6. メンバーズ、ループス・コミュニケーションズとソーシャルメディアのマーケティング活用支援において提携 第一弾、twitterリスク管理&活性化支援!「twitter“本格”スタートパック」サービス開始

メンバーズ、ループス・コミュニケーションズとソーシャルメディアのマーケティング活用支援において提携
第一弾、twitterリスク管理&活性化支援!「twitter“本格”スタートパック」サービス開始

2010年6月24日
東京都品川区西五反田五丁目2番4号
株式会社メンバーズ
代表取締役社長 剣持 忠
(コード番号:2130)

株式会社メンバーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:剣持忠、名証セントレックス上場:証券コード2130、以下「メンバーズ」)は、企業のソーシャルメディアマーケティングにおけるリスク対策・管理及び活性化支援を行うサービス(以下SMM支援サービス)を株式会社ループス・コミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:斉藤 徹、以下「ループス・コミュニケーションズ」)と共同で開始し、SMM支援サービス第1弾としてtwitter(ツイッター)運用におけるリスク対策、活性化支援を行う「twitter“本格”スタートパック」サービスを開始いたします。

「twitter“本格”スタートパック」サービスが生まれた背景

twitterサービスとその普及状況について

twitterは米国で2006年7月、日本では2008年4月にサービスが開始されたミニブログ形式のソーシャルメディアです。ユーザが140文字以内で「つぶやき」と言われるメッセージを投稿し、ユーザ同士がコミュニケーションをとる形態であり、日本でも2010年に入って爆発的に普及しています。
また、企業もtwitterアカウントを取得し、インターネット・マーケティングへの活用を始めており、現在3,500件近くのtwinavi(※)公認公式企業アカウントが立ち上がっています。
具体的な事例としては、企業と顧客との直接のコミュニケーションによる関係性の強化、twitterでのバーゲン告知によるECサイトの売上拡大、ホテルによるコンシェルジュサービス等、多彩な切り口から企業のtwitter活用が始まっています。
一方で、企業のtwitter利用には、下記のようなリスク、課題が見られるようになっています。

すでにtwitterを開始している企業のリスク、課題 まだtwitterを開始していない企業の疑問・リスク
  • 話題のtwitterを始めてみたが、目的は不明確。
  • つぶやきや運用は担当者の裁量にまかせている。
  • 公式アカウントへの社員の接し方について特にルールは決めていない。
  • 社員が会社情報をつぶやいている。
  • フォロー/返信についてのルールがない。
  • ユーザからのクレームや非難・批判のコメントが来た場合(いわゆる炎上)の対応を決めていない。
  • ソーシャルメディア、twitterの特性・リスクを把握していない。
  • そもそもtwitterの仕組みがわからない。
  • なにをつぶやけばいいのかわからない。
  • 企業の顧客がtwitterを使っているのか不明。
  • ユーザからのクレームや非難・批判のコメント(いわゆる炎上)が怖いので手をつけていない。
  • twitterの効果がわからないので始められない。
  • どんなリスクが存在するのかわからないので始められない。

そこで、メンバーズはループス・コミュニケーションズと共同で、上記の疑問・課題を解決し、企業がtwitterをインターネット・マーケティングに活用できるよう、「twitter“本格”スタートパック」サービスを開始し、企業のソーシャルメディア・マーケティングを支援いたします。

※twinaviとは株式会社CGMマーケティングが運営するTwitterの公式ナビゲーションサービス

サービスの詳細

twitterの利用目的を以下の1.~4.に分類し、各目的に応じてサービスを提供いたします。

サービスの詳細

1.情報発信 キャンペーン、リリース情報やBot(※)等、特定の担当者による発信のみの一方通行なコミュニケーションを行う
2.情報発信&対話 1.に加え、フォロー、ダイレクトメールへの対応等、顧客対応が加わる
3.社員巻き込み型情報発信 担当部門以外も多数の社員が参加し、情報発信を行う
4.社員巻き込み型情報発信&対話 3.と2.を合わせた施策を行う

具体的に提供するサービス

twinavi公認アカウント申請代行 twitterアカウントをtwinaviに申請する際に必要な手続きを代行
調査/KPI設定 現状及び要望ヒアリング・KPI設定

※方針策定にあたっての要望・制約などをヒアリングシートにて確認した上でフォロワー数、クリック率等のKPIを設定。

ドキュメント/ルール整備
ドキュメント整備
コミュニケーションガイドライン
運用チーム用マニュアル
社員用マニュアル等の策定
社内勉強会支援 社員向けの勉強会の開催
社内へのポリシー・ルールの浸透支援
運用代行(※オプション) 策定されたガイドライン/運用マニュアルに則って、適切な情報発信・コミュニケーションをメンバーズが代行
プロモーション企画(※オプション) twitterを使った販促・告知等の企画

料金およびサービス対応表

1.情報発信(一方通行のみ)
料金
50万円~
調査・KPI設定
ドキュメント/ルール整備 コミュニケーションガイドライン 情報発信
顧客対話 ×
運用チーム用マニュアル 情報発信
顧客対話 ×
社員用マニュアル 情報発信 ×
顧客対話 ×
社内勉強会 ×
2.情報発信&対話
料金
100万円~
調査・KPI設定
ドキュメント/ルール整備 コミュニケーションガイドライン 情報発信
顧客対話
運用チーム用マニュアル 情報発信
顧客対話
社員用マニュアル 情報発信 ×
顧客対話 ×
社内勉強会 ×
3.社員巻き込み型情報発信
料金
150万円~
調査・KPI設定
ドキュメント/ルール整備 コミュニケーションガイドライン 情報発信
顧客対話 ×
運用チーム用マニュアル 情報発信
顧客対話 ×
社員用マニュアル 情報発信
顧客対話 ×
社内勉強会
4.社員巻き込み型情報発信&対話
料金
200万円~
調査・KPI設定
ドキュメント/ルール整備 コミュニケーションガイドライン 情報発信
顧客対話
運用チーム用マニュアル 情報発信
顧客対話
社員用マニュアル 情報発信
顧客対話
社内勉強会

株式会社ループス・コミュニケーションズ

所在地 東京都渋谷区道玄坂1-17-6 プロスペクト渋谷道玄坂1401
代表者 代表取締役 斉藤 徹
資本金 2億6,500万円(2009年1月末現在)
URL

株式会社メンバーズ(コード番号:2130)

所在地 東京都品川区西五反田5-2-4 レキシントン・プラザ西五反田
代表者 代表取締役 剣持 忠
資本金 7億7,127万円
URL

本リリースに関するお問い合わせ